fc2ブログ

明石沖 耕栄丸釣行2022.10.27 ~ 半泣きのち有言実行! ~ の巻き

Boomersスタッフ

Boomersスタッフ






10/27(木)…


中潮↓ 一日目
満潮 08:19
干潮 13:57



今回も毎度お馴染み、須磨浦港から出船の 耕栄丸 さんで

明石海峡へ行ってきました。



この日の海峡筋の潮は、朝からガンガンの激流で釣りにならない?

そんな感じの想像をしていたところ、やはり予感的中の西側へ即移動

そして西側といえば、ツバス・ハマチ狙い。

イコール=小型ショートジグということで、まずはFLINTZをチョイス。

船長からのアナウンスでは、スピンニングタックルでの速巻きがいいとのこと。

しかし、それがまたなかなか喰わないんです


ジグのタイプなのか、シャクリのリズムやスピートなのか…

アタる人には連発するけど、非常に悩ましくてテクニカル。

いろいろとパターンを変えて模索するも再現性のある答えを引き出すのが、ホント難しい









そうこうしながら、アンダーハンドでキャストし

横引きでの速巻き→スピード変化のワンピッチ→ポーズでドン!!

ツバスは各自で抜き上げ。



注意

動画撮影カメラでの撮影画像につき

画像では勢いよく抜き上げているようにも見えてしまいますが

結構慎重にゆっくりと抜き上げています。


魚を抜き上げる際は、周囲に充分注意しながら行ってくださいね。
(タチウオでも思いっきり抜き上げる方がおられますが同じです


とかエラソーなこと言いながら

下に落としてから何回か暴れさせてしまってゴメンナサイ









その暴れん坊…

ハマチやツバスは小さい程、生命力が強いのかよく暴れて危ないですね。

先に完全にシメてるので魚の眼がちょっと


【 ヒットジグ 】

FLINTZ 180g #GW-ALS [GLOWウイング-アルミシルバー]

[ 2022年秋限定カラー ]









そしてもう1本。

FLINTZの、このカラー持っててもいいかもしれませんね!

特にこれからの鳥羽沖なんかには、めっちゃ良さそうー!!









少し流れが出てきたと共に濁りが入ってきたのでカラーを変更。


アンダーハンドでキャストして

また横引きの速巻きでドン!!









暴れてハリが外れてしまいました。



【 ヒットジグ 】

FLINTZ 180g #GW-RG [GLOWウイング-レッドゴールド]

[ 2022年秋限定カラー ]



コイツもなんとか捻り出した1本で

キャストでの横引きも思ったほどの再現性がなく

あえなくツバス~ハマチ狙いは3本のみで終了~。


この日は数件魚を届ける予定をしており

『 ブリしゃぶの用意をして待っとけよー!』と

余りにも無謀すぎる強がりを言ってしまってたので、かなりの冷や汗もん


当初予定のノルマは最低3本。

なので本数だけでいうとノルマは達成しているのだけれど

まさかツバス・ハマチではねぇ~。。。


いろんな言い訳を考えながら明石大橋周辺の海峡筋へポイント移動


そして潮先である艫側(船の後ろ側)からヒットが続き

ここぞの集中ーーー!!ってことで丁寧にジャークジャーク!






すると…






約27年、明石でジギングをやっているけど、過去一番の引きの強さ

かなり締めてあったドラグが出るし

船長に 『 これデカいよ! 』 と告げて、慎重かつ大胆に巻き上げる。

しかし、周りでもヒットしているのでモタモタしているわけにはいかない。

そうこうしているうちに上がってきた魚体を見ると、やっぱりデカい!!




上がってきた魚は…









長さでいうと、メーター超え。

重さは十数年前のスケール付きボガーグリップで船上計測したところ

パッと見た感じでは8kgオーバーでした。









【 ヒットジグ 】

ZIMA 260g #ZGH [ ゼブラグローヘッド ]

まるで寒ブリのような腹ボテの砲弾体型。

これはかなりの脂がノッてるぞー!ブリしゃぶに最高だぞー!

っと、さっきの風はどこ吹く風?

かなりの鼻高々になって、いつもの居酒屋さんへ捌いてもらいに行ったところ





【 注意  】


グロ画像につき、
見たくない方はこの先を見ないでください。


(念のためモノクロ加工してあります。)












エサとしてはデカいF3クラスのタチウオを含めて4~5本喰っている感じでした!

なので捌いてもらった後はガリガリのブリ

凄い腹ボテではあったけど、まだ身につく前だったようです


激流に乗ってたとはいえ凄いパワーでしたけどね!









そして写真を撮ったり、周囲を掃除したりと

なんやかんやとゴソゴソしている間に同船者の方達はヒット連発

船長だけではタモ入れが間に合わないので、少しだけ走り回って自分も復帰。

するとすぐにヒット!

今度も凄く引くけどなんだか変な感じ


上がってきたのは、ブリに近い大メジロと、ほぼメジロの大ハマチ。

ひとつのジグを奪い合いしてのツインヒット

根掛かりが少ないゾーンだったので、リアフックを装着しておいて正解でした。



【 ヒットジグ 】

ZIMA 260g #ZGH [ ゼブラグローヘッド ]




なんとかブリしゃぶ用のリミットメイク成功

この2本の方が、先程のブリよりも脂がノッていい感じでした。


そして、またゴソゴソして釣りに復帰すると、すぐさまヒット!

これもまた、めちゃめちゃ良く引く魚でしたが

傷んでいたのか、ジグのすぐ上のノット部分からラインブレイク

ドラグも少し締めすぎていたのかもしれません


やっぱりある程度のサイズを釣ると、一度結び直した方がいいですね。

反省です









そして、そのあとすぐに潮が止まり、多少後ろ髪を引かれる思いで終了。

もうウエアや道具関連がドロドロになってテンション下がってましたけどね。。。


しかし、一時はどうなるかと思いましたが

結果、充分なくらい楽しませていただきました。


西側のツバス・ハマチはイワシを捕食している確率が高いのでショート系でキビキビ

橋脚周辺のいわゆる激流ポイント系ではセミロング~ロングのワンピッチでフワフワ

そんな感じですね。

流れがキツい場合は、しっかりとボトムを意識したジャークがキモとなります。

( 殆どの場合、5シャクリめ位までにヒットします。)



これから潮によっては、まだまだ続きそうですね!

皆様もZIMAを持って、是非絶好調の明石海峡へ足を運んでくださいね。

( 特に2022年秋限定カラーが激しくオススメ!)










連日、走り回ってフルサポートしてくれる岡船長

そして、その船長を万全な状態で出れるよう全面サポートしてくださる奥さん

本当にいつもお疲れ様です!

今回も大変お世話になり有り難うございました!

そして同船者の皆様、以外にも暑い中の爆釣劇、大変お疲れ様でした

また、久しぶりの同船にしばらくお互い気づかなかった、つり具のBBのBBさん

一人勝ちだと思っていたのに、最後の最後にほぼ同サイズでまくられたのには

流石に驚きました。(これからはGショック!と同じくBショック!と言わせていただきますねw )


また駐車場でお声を掛けていただいたご夫婦のお客様

『 ZIMAで良い釣りをさせてもらってありがとう!』 なんて

涙が出るような嬉しいことを言っていただき本当にありがとうございました。

お役に立てて本当に光栄です。( 耕栄丸だけに~w )


長くなりましたが、またの乗船時、またの同船時は宜しくお願い致します





KOUEIMARUバナー

【 耕栄丸ホームページ 】 クリック





【 10/27日 16名の釣果 】

ブリ … 5本
ハマチ~メジロ … 54本
ツバス~ハマチ … 80本
シオ …1本
サバ …8本



【 村井の釣果 】

ブリ (8kgオーバー)… 1本
大メジロ … 1本
大ハマチ … 1本
ツバス~ハマチ … 3本

-------------------------------------------------------------------

【使用タックル】

ロッド:オリジナルジギングロッド 66LS-MODERATE FIRST Jig Best:170g
リール:19ステラSW 8000PG
ライン:クレハ シーガーPE X8 300m #2.0+シーガー150 #8
フロントフック:VAN FOOK ジゲンハイパー #6/0ツイン段差仕様自作フック

ロッド:オリジナルジギングロッド 64MS-MODERATE Jig Best:200g
リール:19ステラSW 8000HG
ライン:クレハ シーガーPE X8 300m #2.0+シーガー150 #8
フロントフック:VAN FOOK ジゲンショートツイン #6/0

オリジナルベイトロッド6'2" Jig Best:150g
リール:17オシアジガー1500HG
ライン:クレハ シーガーPE X8 300m #2.0+シーガー150 #8
フロントフック:VAN FOOK スピアーフック #4/0 ツイン仕様自作フック

ヒットジグ
FLINTZ180g #GW-ALS(2022年秋限定カラー)PROTO
  〃     #GW-RG(2022年秋限定カラー)PROTO
ZIMA260g #ZGH


スポンサーサイト



Posted byBoomersスタッフ

コメント 0

There are no comments yet.

コメントの投稿[Leave a Reply]