fc2ブログ

明石沖 耕栄丸釣行2023.11.22 ~ 男ならデカイ奴はデカイジグで狙え!~ の巻き

Boomersスタッフ

Boomersスタッフ






11/22(水)…

長潮
満潮 16:02
干潮 08:59



またまたお馴染みの 耕栄丸 さんへ行ってきました。

今回は洲本沖でのタチウオ狙いオンリー釣行!

青物ジギングも楽しいけど、事故った感の釣りよりも

テクニカルで確実に釣果に差が出る釣り…

所謂タチジギはとても面白く魅力的です







そして、洲本沖といえば港から1時間~1時間半の長旅。

ミヨシで飛沫を被りながらの半修行







そして到着後は、コチラでの船中ファーストヒット!?

恐らく竿頭もいただきました

おぉー竿が唸るぜぃー!!







そして開始後数投目のHIT!

この日の中では、まぁまぁサイズ。

水深90~100mの中で反応はボトムから10~15mがメイン。

船団が大きくなる毎に反応は浮き傾向となり

実際のヒットゾーンはボトムから約30mに集中しました。

そうなると、毎回ボトムを取るよりフォール時にコツコツ!もしくはモヤッ!

とスプール回転がおかしくなるところから更に5~10m下まで落とし

その違和感があった周辺を重点的に探るとヒット!でした。



【 ヒットジグ 】

FLINTZ 180g #PZG [ パープルゼブラグロー ]








そして立て続けに…


ヒットパターンは、毎度毎度この海域では同じで

連続してのシャクリからの頂点での停め(クラッチOFF)でのヒット

もしくはジャーク間にフォールを入れた時のヒットが多発しました。

しかし…

これの再現性が低いんです。。。

プレッシャーが高いせいか、なかなか同じパターンでヒットが続きません。

しかも釣れるのは釣れるけれど、ベルトサイズの細っそい小型ばかり。。。








もうフッキング状態はコレもん!

VANFOOK さんのサーベルフッカー#L

ハリ外すの大変なくらいガッツリフッキング








もう小さいのばかり釣っても仕方がないのでひとつの賭け

それが功を奏して結果が出たので

久しぶりの同船となったフィールドスタッフ我那覇氏に向けたカメラに乱入!

我那覇氏の冷めた視線が突き刺さるのもなんのその!


デヘヘ!w








やはり、デカイ奴はデカイジグにヒットするもんです!


【 ヒットジグ 】

DELAY 250g #RG ストレッチホロシールチューン








そしてGOODサイズ連発!


【 ヒットジグ 】

DELAY 250g #RG ストレッチホロシールチューン


リーダーぐるぐる巻きになっていたから、くびれて細く見えるかもだけど

顔を見てもらえれば、まぁまぁデカイ奴の顔ってことは

ある程度デカイ奴を釣ったことのある方には解るでしょ!?


FLINTZのサイズで釣れることは釣れるんだけど

サイズに納得出来ず、DELAY250gで共喰いパターンを演出したところ

思い通りのサイズUP成功となりました。








そして、そのパターンの効力が少し落ちてきたところで

比較的シルエットが大きく、フォールスピードが遅いZIMAに変更。

1ジャークの“タテ移動距離”を抑えつつネチネチと焦らしながら攻める戦法に。

ここで数本のヒットとなったものの、釣れるサイズに満足できず試行錯誤の繰り返し。。。



【 ヒットジグ 】

ZIMA 210g #RG [ レッドゴールド ]








そして、久々の同船となったフィールドスタッフ我那覇氏に良型HIT。

良型をヒットしたものの残念ながらHITジグは外してしまった後。。。








そしてまた良型。

彼は、船長ご夫妻に50本以上釣ると宣言していたらしく

型にバラツキはあるものの、合計55本と船中ダントツの釣果を上げました。

そんな中で、数釣り宣言しながらも良型まで持っていくとは

いやはやなんとも許し難いですなぁー。。。



【 ヒットジグ 】

FLINTZ 180g #DIJ[ ディープイリュージョン ]








当日、同船だったF本様。

上手く、ワタクシ村井と我那覇氏のヒットパターンを取り入れてくださり

DELAYでも多くのヒットを取ってくださいました。

ご協力ありがとうございました-



【 ヒットジグ 】

DELAY 250g #POG 【ピンクオレンジゴールド】








そして深場を攻めるなら、やぱりコレ!

FLINTZ 180g #DIJ[ ディープイリュージョン ]

当日は、90m~140mラインまでを狙ったため

ディープゾーンにめっぽう強いカラーリングの当カラー

最後はラインカッターで殉職したものの、アタリが落ちてきた時の連発カラーでした。








ロングシルエットのDELAY315g[PROTO]

前回、同長で350gあったものを

タチパターン・トンジギ用によりマッチするようシェイピング。

今回のアクションチェックで素晴らしい動きを見せてくれました。

もし、これが製品化されたら、明石海峡から青物が居なくなるんじゃないかな!?

ナンテネ。。。








更にはセンターバランス系ショートジグ。

コイツは少半径を起点にドリフトスライドアクションを発生させる

ネチネチ系アクションタイプで、タチウオやマダイなんかにも良く

青物では鳥羽沖でのサッパパターンやアジパターンなんかにも優れた

オールマイティータイプのなんとも使いやすいジグとなりそうです。








結果…

ワタクシは途中から数よりサイズ狙いにシフトチェンジしたこともあり

当日の釣果では極々普通の24本での終了(口がかりでキズの無い小さな個体はリリース)

しました。

学童保育?子供食堂?等での白身魚提供等の依頼なんかがあれば

いくらでも数釣りに徹しますので、その際は船長を通して事前にお申し付けください。








結果…

この日の反応は、ボトムから10~15m、または20~30m辺りがメイン。

その反応の中で、如何に反応するレンジを探り当てるか

また、数を狙うのか、サイズを狙うのか、照準決めがポイント。

どちらかというと、アナウンスがある反応のレンジではヒット数が限られる。

自分自身でのヒットレンジの発見、はたまたヒットパターンの再現性の発見

ここに釣果のすべてが籠められているのではないでしょうか。。。

“ソレ”を見つけるのがタチウオジギングの最大の醍醐味!?

なのかもしれませんね。。。

うーん、タチウオジギングって本当に面白いですね!








耕栄丸、岡船長&奥さん…楽しい釣りの提供をいつも本当にありがとうございます。

また当日同船の皆様、🍺お疲れ生ですw

またの乗船機会、同船機会にも宜しくお願い致しますm(__)m






KOUEIMARUバナー

【 耕栄丸ホームページ 】 クリック




【 11/22日 15名の釣果 】

タチウオ(F2~F4.5) …1名 15~55本
サワラ …1本



【 村井の釣果 】

タチウオ(F2~F4) …24本

-------------------------------------------------------------------

【村井使用タックル】

ロッド:オリジナルベイトロッド6'3" Jig 60~100g用 (180gまで可)
リール:グラップラー300HG
ライン:クレハ シーガーPE X8 300m #0.8+シーガー150 #5(10m) +#12(先糸80㎝)
フック:自作タチウオワイヤーフック フロント段差#3/0+リア VANFOOK サーベルフッカー#L

ロッド:ロッド:オリジナルベイトロッド6'2" Jig Best:150g
リール:グラップラー300HG
ライン:クレハ シーガーPE X8 300m #1.0+シーガー150 #5 (10m) +#12(先糸80㎝)
フック :自作タチウオワイヤーフック フロント段差#3/0+リア VANFOOK サーベルフッカー#L

ヒットジグ
DELAY 250g #RGヘッドシルバー(ストレッチホログラムチューン)
ZIMA 210g #RG
FLINTZ180g #PZG・#DIJ


スポンサーサイト



Posted byBoomersスタッフ

コメント 0

There are no comments yet.

コメントの投稿[Leave a Reply]